冬の絵巻物語.....05 花の窟 熊野古道 浜街道

画像


画像


画像


画像


画像


現代と過去を繋ぐ熊野古道  花の窟【はなのいわや】神社

三重県熊野市有馬町 〔2003年2月〕


伊勢から熊野への旅人が歩いた信仰の道、なだらかな浜街道を行くと、

黒潮の荒波、打ち寄せては返す七里御浜、遠く小雨の中に霞んで見える山々

二月二日は春季大祭、御綱掛け神事の日、縄を編み、様々な花を結びつけ

空高く飾る姿、古事記の神話の世界が今此処にあるのです。


御祭神  イザナミノミコト  カグツチノミコト


祭壇には錦の幡、季節の花が飾られ、小雨舞う境内 すがすがしいと言うか さわやかさ

やがて大祭のにぎやかさが去り、一人浜辺に出てみる、浜辺に打ち寄せる波の音

浜辺から振り返り眺める花の窟 玄界灘の黒潮、今の季節浜辺には人影が見えない

不思議な雰囲気、かすかに遠くが明るくなり始めてきている、波音だけが聞こえる

押し寄せる荒波、遠くから ゆっくりと押し寄せる海辺、砂浜に消える白波。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック