Stages of the Nakasendo 16

Stages of the Nakasendo

; From Miyanokoshi to Fukushima


Stages of the Nakasendo (16): From Miyanokoshi to Fukushima


Photographed in early November 2003

画像


画像


画像


画像

画像


画像



The Miyanokoshi Stage: Hiyoshi Village, Kiso County, Nagano Prefecture

*** 269km from Nihonbashi, Tokyo / 263km to Sanjo Ohashi in Kyoto ***

The Fukushima Stage: Kiso Fukushima Town, Kiso County, Nagano Prefecture


From Yabuhara, we take a road that skirts the mountains (now the Route 19 Highway). Emerging from the Yamabuki Tunnel, we enter the area where Yoshinaka Kiso spent his formative years. There are many famous spots here, as well as a monument. Yoshinaka Kiso appears in Heike Monogatari, the historic romance of the Taira clan. Written at the end of the Heian era some 820 years ago, it depicts the passing of power from the Taira to the Minamoto clan, signaling the start of the Kamakura shogunate.

The Nakasendo Highway was developed in the days of the Edo shogunate around four centuries ago.

We cross the Kiso River, skirt the foot of Mount Yamabuki, and pass through a village around Tokuonji Temple. Then we cross the river again, and come to the Hataage Hachiman Shrine, where Yoshinaka Kiso raised his standard. Inside the Shrine is a huge zelkova tree where he marked his attainment of manhood. From here we can survey the whole of Kiso Fukushima. Nearby stands the Nangu Shrine where Yoshinaka prayed for victory in battle, now surrounded by the reddish hues of autumn.

At this point, the Nakasendo reaches the midway point between Edo (Tokyo) and Kyoto. The road ahead is still long. At the northern end of the Miyanokoshi post town, the Gonbei Highway, originally used to transport rice from the Ina region to the post town, continues as if concealed among the mountains. The Southern Alps stretch out beyond the Ina Plain. From there, bags of rice were carried on horseback and delivered to all the post towns on the Kiso road.

中山道 道中絵巻    〔16〕宮ノ越宿~福島宿 2003年11月

〔宮ノ越宿〕みやのこし.......長野県木曽郡日義村

***東京 日本橋から 約 269Km → 京都 三条大橋まで 約263Km ***

〔福島宿〕ふくしま.......長野県木曽郡木曽福島町

 薮原宿から山裾の道 今はR19号の道 山吹トンネルを抜けると

 木曽義仲生い立ちの里 数々の名所、記念碑がある。木曽義仲は 平家物語の中に登場している。

 時代は平安末期 今から約820年前 鎌倉幕府の前 平家から源氏の世界に移り変わる

 狭間の時代 中山道は江戸幕府の時代に整備され 今から約500年前の話、

 木曽川を渡り、山吹山のふもとを通り徳音寺の集落からもう一度 木曽川を渡り

 小高い所に木曽義仲 旗挙八幡宮 元服の大ケヤキ 此処から木曽福島が見渡すことが出来る

 近くに義仲祈願所の南宮神社、今の季節 紅葉。

 中山道は此処で 江戸・京都 の中間地点になる、まだまだ先は長いです。

 宮ノ越宿の北はずれに、伊那地方から米を宿場に運ぶための権兵衛街道が山並みに隠れる

 かのように続いている、伊那地方の平野の先には南アルプスが見渡せる、馬の背に米俵

 木曽路の各宿に米が届けられたのです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック