Ikaruga-no-Sato, Horyuji Temple

karuga-no-Sato, Horyuji Temple

Nara City, Nara Prefecture


The Nara-Yamato Road in Summer

Now is the Season (5/5)

5: Ikaruga-no-Sato, Horyuji Temple (World Heritage Site)


Photographed on August 5th, 2003

画像


画像


画像


Cosmos flowers are in bloom. The three-tiered pagoda of Hokkiji Temple was completed in the year 706 – the oldest surviving three-tiered pagoda in Japan. From here along the road to Horyuji Temple, a pastoral landscape continues.


At last, we reach Horyuji. Through the Nandaimon Gate, the Chumon Gate and then the Daikodo Lecture Hall come into view. Founded in 607 AD, these buildings from about 1400 years ago are said to be the oldest in the world. They convey the atmosphere of the Asuka period (600-710 AD) to the present day.


According to the Ancient Chronicles of Horyuji Temple, this temple (also known as the Temple of Ikaruga) was established – together with images of Buddha and Yakushi Nyorai (the Buddha of Healing) – in 607 AD by the Empress Suiko and the Prince Shotoku, under request from the late Emperor Yomei.


As they bask there in the hot sunshine, we sense the weight of history in so many buildings that have survived to the present day.


夏の奈良・大和路....斑鳩〔いかるが〕の里 法隆寺〔世界遺産〕 法起寺〔世界遺産〕

.〔2003年8月〕 

コスモスの花が咲く、法起寺の三重の塔、706年の完成、現存するわが国最古の三重塔。

ここから法隆寺までの道のり、田園風景が続いて行く。

やがて 法隆寺 南大門を進むと、中門、大講堂が見えてくる、607年の創建、今から約1400年前になる

建築物は飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古とされている。

法隆寺畧縁起によると、推古天皇と、聖徳太子が用明天皇天皇のご依願を継いで、推古15年〔607〕に

寺とその本尊、薬師如来 を造られたのがこの法隆寺〔斑鳩寺とも呼ばれています〕であるとつたえています

と書かれている。

暑い日差しを受けて、今に伝わる建物の数々、歴史の重さひしひしと感じる事が出来る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック