一粒の種からも橘 咲く

種から育て、今年、花が初めて咲く。 【小学館 日本の歳時記8の一部引用】王朝の和歌では「五月まつ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする」古今和歌集、詠み人知らずのように、もっぱら橘の花が詠まれたが、近世以降、俳諧では柚(ゆ)の花に取って代わられる。

続きを読むread more