熊野古道に咲く橘の花が

和歌山(桃山町植木組合)で苗木が育てられた橘の木、今は関東地方の気候にもなじみ、すくすくと育ち、花が芽吹き始めている、熊野古道を旅した時の思い出がよみがえる。 古くから神聖な樹とされ、古事記や日本書紀にも名前として多く登場する。さらに万葉集にはタチバナが登場する

続きを読むread more

雛祭りの季節.茨城県 櫻川市真壁町(2006年3月上旬)

遠く田園風景 残雪の山々、まもなく斜面に青々とした木々、近づくと小さい黄色い実を付けたタチバナの木々が密集している。地元ではふくれみかんと言われている,3月の雛祭りの時期、枝いっぱいに黄色になった実を付けている、見た目には橘そっくりですが、残念ながら原種タチバナの確証は今のところ確認できておりません〔2006年10月〕

続きを読むread more

春が来た

昨年の秋にかけて植えた、ちゅうりっふ゜の芽が出た、ここしばらくは、寒さ厳しくじっとしていましたが、今朝は穏やかな朝、庭を見ると芽が出ていました。

続きを読むread more

台焼

東北の旅、平泉中尊寺から、宮沢賢治の里花巻、のんびりとした時間、花巻温泉で過ごした時間、土産店で目に留まりかいもとめた、今から50年前のことが、昨日のように思い出させてくれる、台焼の思い出

続きを読むread more

熊野灘 東京から夜行バス 【1】

暗闇の中、山々を抜けて、降り立ったのは、潮風漂う熊野市、東京からの夜行バス、 目が覚めるころには、花の窟神社の近くに、停車する、タイミングよく二月二日の例大祭には間に合います。浜街道の海岸は花の岩屋につづいている、熊野灘の潮風がこの季節、爽やかな朝。 花の窟神社から繋がる熊野古道 浜街道。 熊野灘 熊野古道に繋がる熊野三山、熊野本…

続きを読むread more

玄奘塔 元亀 初詣

玄奘塔 の初もうで、西遊記(孫悟空物語)で名高い玄奘三蔵法師の霊骨石塔、境内には玄奘塔を守護すべく、「元亀」が祀られています。

続きを読むread more