絵文字 春夏秋冬・・・・・・冬

今から、40年ぐらい前に日本民藝館を見学に行った際、買い求めた絵文字だと記憶していますが、詳細は分からなくなってしまいました。色彩が鮮やかで、手元にあることすら忘れ去られていましたが、ふとしたことで見つけることができました。

続きを読むread more

権兵衛街道

中山道は此処で 江戸・京都 の中間地点になる、まだまだ先は長いです。 宮ノ越宿の北はずれに、伊那地方から米を宿場に運ぶための権兵衛街道が山並みに隠れる かのように続いている、伊那地方の平野の先には南アルプスが見渡せる、馬の背に米俵 木曽路の各宿に米が届けられたのです。

続きを読むread more

七福神 の恵み

中仙道ひとり旅のおり、神田明神下の茶屋が縁となり、絵馬師の方から、七福神の絵馬を譲り受けたのか゛、旅の始まり、今に続いている。 日本の季節を旅する、写真集ブログ QRコード パソコンの奥深く眠っていたフイルム撮影していた忘れ物を、再び、されている、記録を再び、、撮影された写真PCサイズ【2003年~2018年】を…

続きを読むread more

海神〔わだつみ〕の歴史にふれる 安曇野

山並み続く北アルプス裾野、安曇野を旅し、神々にふれながら歩く、日本の四季折々さわやかに風が吹く 安曇野から遠く見える山並み、北アルプスへの道のり、立山連峰、雲上。 北アルプス立山の主峰雄山、雄山神社峰本社は海抜一万尺(3003m)の岩頭に鎮座、祀られている、 雄山神社御神祭神(イザナギノミコト)(アメノタヂカラオノミ…

続きを読むread more

山深く川の流れ 千曲川源流

山深く川の流れ 千曲川源流 登山道を進む、川に沿って暫くあるくと岩肌かごろごろとあらわてくる水の流れが、勢いを増している。 ここから旅の始まり、川に沿って集落が開けてゆく、山々が押し迫っている。限られた平地、 戸隠高原 戸隠神社参道  夜空には星空がよく見えている 漆黒の闇夜、心細い一夜となった、古事記の神々を訪ね歩い…

続きを読むread more

中禅寺湖畔 静寂の湖 神秘的な原生林 

クリンソウの花咲くころ、花の誘惑に誘われ、静寂な森の中に分け入ると、深い森、原生林の中に、大木が林立する、見慣れない大木に囲まれている。、空気がひんやりと、広がっている、神秘的な原生林、この一帯は、日光国立公園、標高が高く、中禅寺湖畔は避暑地でもある。野生動物には注意しなければならない、自然の中に分け入る所が身近にある、いまは、緑一…

続きを読むread more

神社の絵馬  01

平安時代には貴族が 魔除けとして部屋に飾られてい ました、今も絵馬師が神社の絵馬 に携わっております、聞くところによりますと、絵馬には深い歴史が込められております。 Prayer Tablets Votive picture of Shinto shrine The aristocrat : at…

続きを読むread more

稲の花咲く季節 2003年 九月上旬

稲の花咲く季節 大前神社〔おおさき〕   2003年 九月上旬    鬼怒川には朝靄が立ち込め、朝霧の中、稲の白い花が朝日を浴びている この季節 鬼怒川では、簗が かかり鮎漁の時期でもある、 鬼怒川を渡り、真岡市、五行川の近くに、大前神社〔おおさきじんじゃ〕が奉られている。 縁起によりますと、1500年前、雄略天皇の御…

続きを読むread more