海神〔わだつみ〕の歴史にふれる 安曇野

山並み続く北アルプス裾野、安曇野を旅し、神々にふれながら歩く、日本の四季折々さわやかに風が吹く 安曇野から遠く見える山並み、北アルプスへの道のり、立山連峰、雲上。 北アルプス立山の主峰雄山、雄山神社峰本社は海抜一万尺(3003m)の岩頭に鎮座、祀られている、 雄山神社御神祭神(イザナギノミコト)(アメノタヂカラオノミコト)。立山から遙か遠くに続く先には富士山が 姿を見せてくれる、…

続きを読む

山深く川の流れ 千曲川源流

山深く川の流れ 千曲川源流 登山道を進む、川に沿って暫くあるくと岩肌かごろごろとあらわてくる水の流れが、勢いを増している。 ここから旅の始まり、川に沿って集落が開けてゆく、山々が押し迫っている。限られた平地、 戸隠高原 戸隠神社参道  夜空には星空がよく見えている 漆黒の闇夜、心細い一夜となった、古事記の神々を訪ね歩いて戸隠高原からは安曇野に山越えの道になる、 戸隠神社 …

続きを読む

北上川葦原

宮城県 石巻市北上町 ( 2006年4月上旬) 北上川の河口流域、川面から伝わる葦のささやき、四季折々、風景に自然が幾重にも重なり合う、にぎわい...

続きを読む

雪景色 南部富士 【岩手山】

( 2006年3月) 白鳥が舞う北上川、田んぼには雪が残り、川辺には猫柳がふっくらと咲く季節、雪解け水を集めて北上川はゆっくりと流れる、季節は啓蟄を過ぎている、本格的な春はもうすぐ、雪に田んぼ覆われている、5月には田んぼには早苗で覆い尽くされ緑一色 雪景色の南部富士は、太古から変わらぬ風景、今年も春は来る。

続きを読む

秋の絵巻物語.....08 三陸海岸

荒海にかすむ 三陸海岸  岩手県三陸町 海岸は岩肌の絶壁が続き、急な坂道を下りおりると集落が見えてくる 海を探し求めて、軒先を抜けると目の前が海になっている、堤防まで行くと そこは外海に面している、遠くからは穏やかなように見えた海、 近づくに岩肌に砕ける波間、海面が盛り上がり、 三陸海岸には小さな入り江が転々と続いてい…

続きを読む

秋の絵巻物語.....06 奥入瀬渓流の紅葉

奥入瀬〔おいらせ〕渓流 青森県 十和田湖町 〔撮影2004年11月上旬〕 十和田湖から流れ出る唯一の奥入瀬川渓流、渓流は雨上がり、濁り水を集め水かさを増し 昨夜からの雨は、落ち葉を増やし道々は落ち葉のじゅうたん、木々の間の小道 渓流のせせらぎの音、木々から見え隠れする渓流の流れ、傘なしでは歩けない しばらくあるいただろうか、だいぶ時間か゛経っている、雨がやみかさ…

続きを読む

秋の絵巻物語.....04  平泉の紅葉 中尊寺 毛越寺

中尊寺・白山神社 紅葉の季節 岩手県 平泉町 【2004年11月上旬】 朝靄の中、月見坂を登ってゆくほどに、弁慶堂、中尊寺、金色堂、霞みかかる中に紅葉の彩り 鳥居をくぐると、白山神社能舞台 が見えてくる、近くに白山神社が祀られている、 御祭神 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉册尊(いざなみのみこと)、【白山神社由緒によりますと】 中尊寺…

続きを読む